サービス内容

労働社会保険手続きアウトソーシング

労働社会保険の各種行政への手続き業務は、単に「定型化された手間のかかる業務」と捉える向きもありますが、当法人は、お客様の現状を把握するために非常に重要な業務と認識しています。なぜなら、例えば、日常の手続き業務から社員の定着率、年齢・性別構成やメンタル状況、労災手続き業務から安全衛生管理体質、コンプライアンス状況等、お客様の抱えている様々な問題点が視えてくるため、労働社会保険手続き業務をお客様をより安定経営または成長戦略経営に導くためのベースとして捉えているからです。

アウトソーシングのメリット

  • 煩雑なルーティンワークのアウトソース化により、人材活性化及びコスト削減のための諸施策(賃金制度改革・長時間労働抑制・適正人員配置等)の企画・立案等、本来人事が行うべきコア業務に専念する「戦略的人事部」の構築に寄与します。
  • 直接雇用の社員の場合は、給与以外にも社会保険料や残業代、年次有給休暇、退職手当等の会社負担があり、それらのコストは相当な金額になります。アウトソーシングならばそのような負担もなく、また、相場よりもリーズナブルな当法人の料金によりコストが削減されます。
  • 当法人には大量一括処理のシステム・ノウハウがあり、また、一般企業担当者による手続きでは様々な確認書類の添付を求められますが、社会保険労務士や当法人にも併設されている労働保険事務組合は、国から確認書類の一部省略が認可されているため、迅速な処理を可能にします。
  • 社会保険労務士は、国家試験に合格し、原則一定期間の実務経験を積んだ者であるため、複雑かつ頻繁に改正が行なわれる労働社会保険諸法令に基づく手続きが正確に行なわれます。なお、関連法律及び手続きの種類も多種多様のため、権利を有しながらも行使しない「手続き漏れ」のリスクもなくなります。近年、社会問題化した「消えた年金問題」対策として、将来の年金額に大きく影響を与える「加入期間」、「標準報酬月額」等の年金記録が一目瞭然の「ねんきん定期便」の個人宅への定期発送も始まっており、今後ますます労働社会保険手続きの「正確さ」が求められます。

労働社会保険手続き メニュー

  • 労働社会保険諸法令(労働基準法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法等)に基づく行政手続き書類の作成
  • 労働基準監督署・ハローワーク・年金事務所等の管轄行政、健康保険組合への手続き書類の提出代行

オプション・スポット メニュー

人事労務フルアウトソーシング

「労働社会保険手続き業務をアウトソーシングしたのに、それほど他の業務に費やす時間が増えていない。」と感じる人事担当者もいるのではないでしょうか。その理由は、手続き後の付帯処理、例えば、退職者の自宅への離職票発送等、煩雑な業務は残されたままだからです。このような付帯人事業務は、企業規模が大きくなるほど頻度も多くなり、かなりの時間が費やされているようです。

当法人の通常の顧問契約の場合は、手続き書類は本社担当者への一括納品となりますが、特に社員数が数百人を超えるようなお客様からのニーズもあり、オプションメニューとして次のような付帯人事業務のフルアウトソーシングサービスも行なっています。

  • 健康保険証・離職票等の社員の所属事業場または社員自宅への発送業務(発送方法は普通郵便・特定記録郵便・簡易書留・宅配便から選択)
  • パート・アルバイト等の雇用契約書の作成・所属事業場発送業務
  • 労働社会保険手続きに関する質問対応等、社員との直接対応(結果はメール等で会社へフィードバックします。)※労使トラブル相談等は除きます。

協会けんぽ加入企業に対する健康保険組合への編入手続き

人口減、高齢化率の上昇、出生率の低下により、近い将来、超少子高齢化社会が現実のものとなるのは明らかです。国際比較等からも社会保障費の大幅負担増は我が国企業にとって避けて通れない問題になっています。

このリスクを低減させるのが優良健康保険組合への編入です。業種別に組織された優良な総合型健康保険組合は、ほとんどが協会けんぽに比べ健康保険料(介護保険料含む)が安くなり、企業の社会保険料負担の削減が期待できます。また、各種給付や健康診断・人間ドック補助等も協会けんぽより手厚くなり、さらに、宿泊施設の割安利用等、福利厚生の充実にもつながります。

ただし、健康保険組合ごとに企業の財務状況等の審査があり、編入手続きは容易ではありません。しかし、長年にわたる数多くの編入実績により有力健康保険組合と強い信頼関係を築き上げてきたこともあり、当法人は、編入手続きをスポットメニューとして積極的に行っています。

労働社会保険手続き フローチャート

自社処理の場合は

自社処理労働社会保険手続きフロー画像

フルアウトソーシングの場合は

アウトソーシング労働社会保険手続きフロー画像